簡単に転職を決める方法!

就職成功には企業研究をする事は必須!企業研究をする時のポイント

前へ
次へ

就活に企業研究は欠かす事ができないもの

企業研究を入念に行い後悔のしない就職を!

就職活動に欠かす事ができない企業研究。企業研究を怠ってしまうと就業後に高い確率で後悔する事になります。

企業研究を行う目的は、『企業の特徴を理解して、自分に合った企業なのかを見極め、後悔のしない就職をするため』です。

よく、就職を決める事ができたが、入社早々、退職をしたという話を聞きますよね。

これは企業研究をしないで入社したため、自分がイメージしていた企業とのギャップがあるからねんですね。

自分が思っていた企業ではなかった、自分のやりたい事ができなかった、職場の雰囲気や人間関係が悪かった、ブラック企業だった、というような理由ですぐに退職をする人は少なくはありません。

このような就業後のミスマッチ。企業研究を入念に行う事で回避する事ができるんですね。

せっかく就職を決める事ができた訳ですからすぐに退職するなんて嫌ですよね。だったら、企業研究を入念に行い、その企業がどのような企業なのかをしっかり確認してから求人にエントリーしましょう。

企業研究をする時のポイント

企業研究をする時、以下の事は必ず確認するようにしましょう。

・仕事内容
・会社の規模
・扱っている商品やサービス
・企業理念
・拠点地

これらの事は企業のホームページを見ればすぐにわかります。

他にも、

・働いている社員の様子
・職場の雰囲気
・労働環境、労働条件
・昇給の仕組み
・福利厚生について

こうした事も調べる事ができれば自分に合った企業なのかを見極めやすいですよ。

今ではホームページだけではなく、SNSで企業の情報を発信している企業もあるので調べられる事はすべて調べながら企業研究を進めていきましょう。

就職支援サービスや転職エージェントから情報収集するのもあり!

就職・転職の心強い味方になってくれる就職支援サービスや転職エージェント。

就職支援サービスや転職エージェントには就職や転職をサポートしてくれる専任のコンサルタントがいて様々なサポートを受ける事ができます。

実はこの専任コンサルタント。企業の内部情報に詳しいこともあるんですね。

企業のホームページやSNSからでは収集できない情報を持っているので、職場の雰囲気や人間関係などの情報を収集する事ができる可能性があり、他にも離職率や定着率に関する情報も収集できる事もあります。

自分一人で収集する事ができない情報も専任コンサルタントから収集できるので企業研究をしっかり行う事ができ、自分に合った企業なのかを見極める事ができます。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る