簡単に転職を決める方法!

転職活動の進め方・スケジュール

前へ
次へ

転職活動の進め方・スケジュールを把握しよう!

転職活動の流れ

転職活動の流れは大まかに、

1.準備
2.情報収集
3.書類作成、応募
4.書類選考、面接
5.内定、退職、引き継ぎ

この5つに工程に分ける事ができます。

まずはしっかりと準備と情報収集を行う所からはじまり、応募書類の作成、応募へ移ります。

そして、選考が行われ、書類選考をクリアできれば面接へと進む事ができ、その後、内定をもらい入社という流れになります。

転職活動の期間

転職活動の期間は人によって様々。転職活動をスタートしてすぐに転職を決められる人もいますし、そうではない人もいます。

転職活動の平均期間は2~3ヵ月。先ほどのご紹介した転職活動の流れを2~3ヵ月の間に行うことになります。

しかし、先ほども述べたように転職活動の期間は人によって様々です。2~3ヵ月で転職を決められない人もいて、6ヵ月~1年という長い期間かかってようやく転職を決められる人もいます。

転職活動を行う前に準備したいこと

自分のこれまでのキャリアを整理しておく

転職する時、これまでのキャリアを整理しておく事は必須です。

自分のこれまでの経歴を思い返し、どのようなキャリアを積んできたのか、どのようなスキルを身に付けてきたのか、どんな実績を持っているのかなど、転職の時にアピールできること、活かせる事をあらかじめピックアップしておきましょう。

そうすることで転職活動をスムーズに行う事ができ、仕事探しもスムーズに行なう事ができでしょう。

転職の目的を明確にしておく

転職をする時、人それぞれで転職理由・目的は異なります。自分はどんな理由で転職するのか、どんなことが目的で転職をするのかを明確にしておきましょう。

年収アップのため、キャリアアップのため、残業や人間関係などの悩みのためなど。自分の転職目的をはっきりさせておきましょう。

転職目的が明確になっていれば、その目的を成し遂げる事ができる仕事を探すということを焦点に仕事探しを行なって行く事ができるので仕事探しをスムーズに行う事ができるでしょう。

必要な資金計画をも立てておく

仕事をしながら転職活動を行うという人もいますが、中には退職をしてから転職活動をスタートするという人もいます。

そのような人は転職が決まるまで無収入で生活をしなければいけないので資金計画も立てなかければなりません。

上記でご紹介したように転職期間の平均は2~3ヵ月間。でもこの期間で転職を決められる保証はないので金銭的にしっかり余裕を持っておいた方がいいでしょう。6ヵ月は無職でも生活できるくらいの貯金があれば余裕を持って転職活動に励む事ができるでしょう。

また、転職時は失業保険も受け取る事ができるので万が一のことを考えて仕事を辞めた時はすぐに失業保険の申請を出すようにしましょう。

自主退社だと3か月後に失業保険が支給され、会社都合の退職の場合はすぐに失業保険が支給されますよ。失業保険は今までにもらっていた1か月分近い給料をもらう事ができるので失業保険の申請は忘れてはいけません。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る